2011.10.23.ピティナステップ 青葉公会堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小1~小4の、7名の生徒が、基礎1~応用4のステップで参加しました。

全員、緊張の中、練習の成果を発揮し、見事合格!

 

3人のアドバイザーの先生方から、それぞれ講評も頂き、今後の課題も見えて、大変勉強になりました。

 

基礎1(小1)

荒城の月は、評価Sを頂きました!
ノーミスでテンポも安定していて、しっかり自分の力を発揮できました。

 

 

 

基礎2(小1)

メヌエットは、音が飛ぶため、手の位置をいろいろ変えなければいけなくて大変なのですが、頑張って仕上げてくれました。ギロックは、とても元気な演奏ができました。

 

 

基礎2(小1)

1オクターブ下で弾いてしまったことがちょっと残念でしたが、本番前1週間、練習できない状態だったにもかかわらず、舞台に立って最後まで弾けたことは、すごく自信につながったと思います。

 

基礎2(小1)

マッチぼうのマーチは、現代曲なので和音が覚えにくく大変な曲でしたが、軽快に弾けました。ガヴォットはとても雰囲気のある演奏ができました。

 

 

基礎3(小3)

天国と地獄は、時々指が転びそうになる箇所が一箇所あったのですが、本番では成功させることができました。ハイホーは、曲調がいろいろ変わっても、同じテンポを弾かないといけないのがなかなか難しくて、メトロノームに特訓しました。

 

 

応用2(小4)

直前レッスン時に、2曲連続で弾くと危ういところがまだまだあったのですが、最後の追い込み練習がんばり、しっかり本番には間に合わせてくれました!フラメンコの中間部は独特なスペイン風の歌いまわしなのですが、なかなかいい雰囲気が出せたと思います。

 

応用4(小4)

直前レッスン時に、2楽章は暗譜もまだあやしいという状況だったので、やはり2楽章はミス連発になってしまいましたが、歌うところや、転調して雰囲気が変わるところ、テーマに戻るところ、など、やるべきことはしっかりできていたので、音楽的に表現できているところが、評価につながったように思います。