保育士、幼稚園教諭を目指す方へ

先生目指して頑張っています!
先生目指して頑張っています!

保育士、幼稚園教諭を目指す方にとって、ピアノは必須です!

 

しかもただ弾くだけではなく、弾きながら歌い、目線は常に子供達の方を向いて、様子を見なければいけないので、手元を見ている暇はありません。

 

私もヤマハ時代、システム講師でしたので、レッスンでは毎回ヤマハオリジナルの歌もあり、リズミカルな曲はエレクトーンで弾いた方がカッコイイので、新人の頃は慣れない弾き歌い&エレクトーン(特にベースの左足)に苦労しました。

両手だけならいくらでも弾けますが、なかなか口と足が動かなくて・・・

 

最近の子供はシビアですから、「今度の幼稚園の先生、あんまりピアノうまくない。。。」といった発言もちらほら聞こえたりしますので、怖いですね。

 

またコード弾けるようになっておくと便利ですから、コードも勉強しておいたほうがいいでしょう。

 

保育士、幼稚園教諭を目指す方には、通常の大人のレッスンとは、少し違う内容でレッスンいたします。

 

特に強化して行うのは、リズム感です!

 

勝手に早くなったり遅くなったりしていては、子供たちの歌の伴奏ができません。また間違っても、止まったり弾きなおしをしては、歌とずれてしまうので、絶対に止まってはいけません。

 

常に、一定の速さを自分の中に保ち、なにがあっても止まらずに弾く!という、練習を特に強化して行います。

 

また、基礎の教本(シニアピアノ教本1~3)を終えた後は、コード譜を見ながら弾く、といった訓練もしていきます。

 

 


保育士・幼稚園教諭コースの方々の声

 

~O様、習い始めて2年目の方~

仕事上、ピアノを弾かなければならない環境なので、続けています。

ピアノは大人になってから始めたのでとても苦労していますが、弾ける曲のレパートリーを増やせるようにしていきたいです。

 

(現役、保育士の方)

 

 

~K様、習い始めて1年目の方~

大学の授業で、ピアノのレッスンはあるのですが、子供の頃、ピアノをやっていなかったので、授業だけでは周りついていけず、入会しました。

実技試験がたくさんあるので、毎回大変ですが、働き始めたら時間が全然なくなる、と聞いているので、今のうちに、少しでも弾けるようになっておきたいです。

 

(大学生の方、ピアノ実技がしっかりしていて厳しい大学に在学中)