東京音楽大学 音大受験 ピアノ教室

音高・音大受験コース

東京音楽大学 音大受験 ピアノ教室

受験ソルフェージュ科目

音大受験 東京音大 ピアノ教室

音高・音大受験には、ピアノ実技はもちろんのことですが、その他に、聴音・新曲視唱・楽典など、音高・音大ならではの受験科目があるので、準備しておかなければなりません。

 

聴音などは特に、ある程度訓練が必要ですので、音高・音大受験を考えているなら、早めに準備を開始することをオススメします。

 

私自身(江戸)は、中1になってすぐ、ソルフェージュを習い始めました。

 

私は音高には行かず、高校までは地元石川の進学校に通っていたので、ソルフェージュを習い始めてから音大受験まで6年、と、余裕があったので、新曲視唱、コールユーブンゲン、イタリア歌曲集や、楽典、ハ音記号の新曲視唱聴音は、旋律、和声四声体の乖離・密集、など、様々なことを準備しておくことができ、夏期講習・冬期講習での聴音のクラスは、常に一番上のAクラス、と、ピアノ実技以外に関しては、特に不安を持たずに済みました。

 

特に聴音に関しては、小さい頃からレッスンを開始している、ピアノ、バイオリンの生徒は、絶対音感があるタイプが多く、音は聴き取れるため、書き方を訓練するだけなので、わりとすぐできるようになりますが、声楽、管楽器の生徒などは、年齢が大きくなってから始めた生徒も多く、その場合、絶対音感では聴き取れないので、音程の差で聞き取る相対音感で、何度も訓練して聴き取れるようになっていく必要があります。

 

また、楽典に関しましては、基本の楽典を一通り学んだ後、各学校ごとに出題傾向がありますので、志望校にあわせた勉強をした方が、効率よく勉強できます。