「シニアピアノ教本」

実は子供用教材で愛用している「ピアノひけるよ」と著者が一緒です。

橋本晃一さんという方ですが、どうやらこの方の教材が、私は好きなようで、数ある大人用教本の中からこれが一番使いやすそうだな~と選んだら、後で気づいたことに、同じ著者でした。 

 

また、この教本ではコードの勉強も平行して出来ます。 

 

弾いてみたい曲はあるのだけど、いつまでかかることやら・・・と、諦めている方も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません!

ポピュラー系の曲などは、アレンジ次第で、難しくも簡単にもなりますから、どうにでもなります。

 

例えば段階として、

  1. メロディだけ右手で弾けるようにしてみる
  2. 左手でベース音だけ一緒に弾いてみる(一つの音のみ)
  3. 左手でコードを押さえてみる(3和音ぐらい)
  4. 左の伴奏形を変えてみる

 

というふうに、だんだん難しくしていくことができます。

 

クラッシック系の曲も簡単なアレンジのものが、今ではたくさん、楽譜として売られていますから、完成するまでに、そう長い道のりではないと思いますよ。