· 

ピアノ発表会選曲の方法♪

当教室では、発表会の曲は、基本的に生徒さんに、選んで頂いてます。

 

まず上級者の大人・中高生には、半年前の1月には、発表会の日程をレッスンの時に告知し、弾きたい曲を考えといて下さいと言っておきます。このレベルの方々は、すでに毎年出てらっしゃったり、大体の自分の弾けるレベルは楽譜をみればわかるので、自分でいろいろ選んだ上で、私に相談して下さいます。

 

子供の生徒には、2月に「発表会の案内&普段のレッスン・春からの時間帯に関するアンケート」を配り、そこで、弾きたい曲の希望を書いてもらいます。具体的な曲名がなければ、曲調、雰囲気など(明るい、元気な、静かな、速い、ゆっくり、など)を書いてもらいます。

 

それをもとに、曲名が書いてあった場合には、弾ける場合は決定、まだ無理な場合は、簡単バージョンがあればそれを、なければ他の曲を提案します。

 

他の曲の提案する場合や、曲の雰囲気だけ書いてある生徒には、各生徒に対して3曲位ずつ、候補曲のYouTube動画をメールで送り、聴いた感じで選んでもらいます。

大体、ピティナコンペの動画から選ぶことが多いので、すごい上手な子の演奏動画に、刺激を受けるようです!

中には、こんな凄いの、うちの子に弾けるんでしょうか?!みたいな心配の声も、笑

 

親は心配気味でも、子供はそうでもなくて、結構チャレンジしたがります。

数か月間、練習することになりますし、一応自分で選んでいるわけですから、皆、頑張って練習してくれます!

先生が一方的に与えるよりも、自分で選んだ方が、責任をもって頑張れるのでは?!と思います。

 

音高・音大受験生や、コンクールと重なる生徒には、そんな選択の自由はありませんので、私の独断で、その子にとって最適な曲を弾いてもらいます。

 

最近入会した生徒さんや、ピアノを始めて間もない小さなお子様の場合は、4月に正式な発表会の案内&申込用紙を配る際に、どうするかききます。

始めたばかりのお子様の場合、そんなに何か月も練習したら飽きるので、4月に曲決定で十分ですし。

 

というわけで、今年発表会初の小さい子たち以外は、全員、曲決まりました!

 

ラフマニノフ、ベートーヴェン後期ソナタなど上級クラシックから、ラ・ラ・ランド、ディズニー、ポピュラー、童謡まで、今年も、かなり幅広い内容のプログラムとなりそうです♪