· 

アナリーゼ(楽曲分析)の大切さ

先週も、ピティナコンペ本選に向けてのアドバイスレッスンがありました。

さすが、予選通過してるだけあって、とても上手でした!

でも本選は、予選と違って、皆上手なわけですから、笑、雰囲気だけではなく、もっと明確な表現力が問われます。

 

すでに雰囲気はできていたので、小学校2年生の子には、まだ難しいかな?と思いながらも、細々とアナリーゼ(楽曲分析)を説明しました。

ここは、何調でどんな和音なのか、どう転調しているのか、

それを踏まえて、意外な和音、音はどれなのか、その意外性をどう表現するか、など。

 

説明が難しかったかなぁ…と、どこまで理解してもらえるか、不安でしたが?!

理解力のある、感性も鋭い子だったので、レッスンの中でも、かなり良くなりました!

 

私も弾きながら説明したので、その弾き方の違いとかで、感じ取ってくれたようでした♪

 

レッスン終了後、保護者の方からも、

理論的な説明が、とても納得がいって、だからこう弾くということが分かり、とても勉強になりました!

と、喜びの声を頂きました♪

 

感性だけに頼るのでは、やはり弱くて、楽曲分析し、理論に基づいて、表現を明確にしていくことが、表現力アップに繋がることは間違いないと思います。


ところで、アドバイスレッスンお申込の方から頂いた質問に、コンクールのどれくらい前に受けると、いいのでしょうか?という質問を、時々頂きます。

 

年齢と曲のレベルと、本人のスケジュール具合によるのですが、1週間前ですと、急に弾き方を変えたりするのは、難しく、危険かもしれません。特に指使いは、1週間前ですと、今更変えることは危険なので、例え変えた方がいい場合でも、変えるのはやめます。

 

ですので、目安としては、2週間前位が良いかと思います。

 

ただ小学校高学年以上の塾などで忙しい場合や、中学生以上など曲が長く難しい場合は、ある程度、弾けるようになった、と思える段階で、お申込頂いた方がいいです。

 

また、ピアノ指導者様へのアドバイスレッスンも承っております。

自由曲コンクールの場合の選曲の相談、アナリーゼのお手伝い、低学年の指使いの注意点など、いろいろご相談に乗れることもありますので、お気軽にご利用ください。

 

生徒様向けアドバイスレッスンについてはこちら→コンクール対策アドバイスレッスン

ピアノ指導者様向けアドバイスレッスンについてはこちら→ピアノ指導者様向け