· 

お盆もヤマハグレードアドバイスレッスン

今年のお盆も、去年に引き続き、ひたすらコンチェルトの練習で、1人合宿状態です。

 

今年は、チャイコフスキーピアノ協奏曲1番1楽章を練習していますが、なかなか弾けるようになりません…

オクターブの連続や和音が多すぎて、9度がぎりぎり届く程度の私には、しんどいです、、、選曲を誤ったかも?!

もうしょうがないので、来月のコンチェルトコンクールに向けて、頑張るしかないです((+_+))

 

さて、今週は通常レッスンは休みにしていますが、昨日はヤマハグレードのレッスンに、お二人、いらっしゃいました。

 

1人は、茨城から、ここ1年、定期的にお越しくださっている、ピアノグレード3級受験の方。

 

エレクトーン系のヤマハシステム講師の先生なので、即興はだいぶできているので、曲を中心にレッスンしました。

高校生の生徒さんが来週、グレッツェンピアノコンクールに出るということで、その曲も少々。

アドバイスレッスンは、別に何を持ってきて頂いても、自由ですから、(笑)

 

さて、前回受けたグレード試験では、タッチの弱さが気になる、と試験官に言われたそうで、そこの改善策として、弾き方、練習方法などアドバイス致しました。

ヤマハグレードコースに、エレクトーン系の先生も結構いらっしゃるのですが、やはり皆さん、どうしても指の弱さが、私も気になります。

もっと指で音を作る意識を持つことと、指先への意識、

あとフォルテが体幹を使って出せていないので、迫力がなく音が出ない、など、

いろいろ課題がありますが、システム講師の皆さん、仕事が忙しい中、練習時間を作って、どんどん成長されておりますよ♬

 

 

もう一人は、たまプラーザ教室の松本絵理子先生♬

 

ヤマハピアノグレード5級の即興のやり方を伝授いたしました!

即興問題集の巻末に、範例なども載っていますが、なかなかあれだけでは分かりにくく、グレード独自のポイントを中心に、伝授いたしました。

 

今後、ヤマハグレードコースは、私以外の先生方にも担当して頂けるようになりますので、選べる曜日がかなり増えます♬

 

  ↓↓↓

ヤマハグレードコース