· 

音大受験コース 副科ピアノ&ソルフェージュについて

音大受験コース 副科ピアノ&ソルフェージュ

音大受験 ピアノ教室 横浜 川崎

当教室の音大受験コースでは、ピアノ専攻科以外の受験生に向けて、副科ピアノ&受験ソルフェージュのコースもあります。セットで受けることで、楽典知識の内容、特に和音の種類、調、和声などについて、実際の練習しているピアノ曲で理解することができるのが、1番の利点かと思います。

 

ところで、楽典の勉強は、過去問を中心に勉強することで、わりとどうにかなるのですが、聴音とピアノに関しては、そう簡単にすぐにできるようにはなりません。

 

たまに駆け込みでいらっしゃる方がいますが、聴音の旋律は取れるようになっても、和声(和音)がなかなかとれないことが多く、特にピアノ以外の楽器というものは、単旋律なので、和音を取るのが苦手なようです。

(ピアノ科でも、もちろん和音が苦手な子もいますよ…)

 

副科ピアノに関しても、受験に必要なソナチネの1曲をひたすら弾き続けて練習してどうにかする、という、最終手段もありますが、それでは本来の力が身につかないので、こちらとしてもそのような方法は、あまりやりたくはありません…

ですので、音大受験する可能性があるのなら、余裕を持って、中学生のうちから勉強し、準備しておきましょう。

 

音大受験時には、付属高校などの音高生と、対等に受験することになるのです。

音高生たちは、すでに音高受験時に試験があるので、聴音、楽典、ピアノができてから入学していますし、その後3年間、音高の授業でも学んでいるわけです。

 

音高生と対等に、受験で張り合わなければいけないことを、しっかり肝に銘じて、駆け込みで音大受験を決めた方は、覚悟をもって臨んでほしいと思います!

 

音大受験するかはわからなくても、ピアノが弾けるようにしておくこと、聴音ができるようにしておくこと、楽典を理解しておくことは、自分の楽器演奏に必ず役立ちますから、(調性感・和声感のある演奏ができるようになります)ある程度のレベル以上になった方は、ぜひ勉強することをオススメします。

 

副科ピアノ&受験ソルフェージュは、当教室の講師は全員、担当できますので、全曜日対応致します。

 

↓↓↓

 

音大受験コース

音大受験 東京音大 ピアノ教室
たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室

音大受験 東京音大 ピアノ教室

たまプラーザ教室MAP

武蔵小杉教室MAP