東京音楽大学 音大受験 ピアノ教室

音高・音大受験対策コース

音大受験 東京音大 ピアノ教室
音大受験 東京音大 東京音楽大学 ピアノ教室

当ピアノ教室では、「東京音楽大学」「東京東京音楽大学付属高等学校」への受験対策に、特に力を入れております。

 2019年、代官山・中目黒の両駅から徒歩4分という場所にキャンパスが移転し、ますます人気が高まると思います。

 

大学では、東京音楽大学教授 武田真理先生の門下でしたので、レベルを考慮の上ですが、夏期講習・冬季講習 実技レッスンでの、武田真理先生のご紹介もできますので、ご相談ください。

 

もちろん、東京音大以外の、音大受験を目指している方もご入会頂けます。

大学の恩師を通じて、他の音大の先生を、紹介して頂くことも可能ですので、ご相談ください。

音大受験 東京音大 東京音楽大学 ピアノ教室

音大受験 東京音大 東京音楽大学 ピアノ教室

ピアノ専攻実技

音高、音大受験は、一般大学の受験準備とはだいぶ違うところがあります。それは、受験生は目指す音高・音大を決めた時点で、その行きたい音高・音大の、先生の自宅レッスン等に通いはじめ、入学以前に、どの先生の門下に入るか決まっているということです。

学校で選ぶというよりは、習いたい先生で選ぶということになります。  

 

さて、どうやって、その先生を探すか、ということですが、ここはやはりコネに頼らざるを得ません。

音高・音大では、受験生に対して、夏期講習・冬期講習をやっているので、そこで実技の先生を見つけるという方法もありますが、教授、助教授クラスの先生となると、すでに自分の生徒でいっぱいのため、なかなかとってくれません。

 

しかし当ピアノ教室では、私、江戸智子が、東京音楽大学出身、教授でいらっしゃる、武田真理先生の門下生ですので、レベルを考慮の上で、講習会の実技レッスンで、ご紹介することができます。

もちろん、東京音大以外の、音大受験を目指している方もご入会頂けます。大学の恩師を通じて、他の音大の先生を、紹介して頂くことができますので、ぜひご相談ください。

 

自分に合った先生選びは、とても大切ですから、じっくり一緒に考えて、志望校合格に向けて一緒にがんばりましょう! 

東京音大付属高校ピアノ演奏家コースに推薦で合格!


音大受験 東京音大 東京音楽大学 ピアノ教室

受験ソルフェージュ科目

音高・音大受験には、ピアノ実技はもちろんのことですが、その他に、聴音・新曲視唱・楽典など、音高・音大ならではの受験科目があるので、準備しておかなければなりません。

 

聴音などは特に、ある程度訓練が必要ですので、音高・音大受験を考えているなら、早めに準備を開始することをオススメします。

 

私自身(江戸)は、中1になってすぐ、ソルフェージュを習い始めました。

 

私は音高には行かず、高校までは地元石川の進学校に通っていたので、ソルフェージュを習い始めてから音大受験まで6年、と、余裕があったので、新曲視唱、コールユーブンゲン、イタリア歌曲集や、楽典、ハ音記号の新曲視唱聴音は、旋律、和声四声体の乖離・密集、など、様々なことを準備しておくことができ、夏期講習・冬期講習での聴音のクラスは、常に一番上のAクラス、と、ピアノ実技以外に関しては、特に不安を持たずに済みました。

 

特に聴音に関しては、小さい頃からレッスンを開始している、ピアノ、バイオリンの生徒は、絶対音感があるタイプが多く、音は聴き取れるため、書き方を訓練するだけなので、わりとすぐできるようになりますが、声楽、管楽器の生徒などは、年齢が大きくなってから始めた生徒も多く、その場合、絶対音感では聴き取れないので、音程の差で聞き取る相対音感で、何度も訓練して聴き取れるようになっていく必要があります。

 

また、楽典に関しましては、基本の楽典を一通り学んだ後、各学校ごとに出題傾向がありますので、志望校にあわせた勉強をした方が、効率よく勉強できます。

 

音大受験 東京音大 東京音楽大学 ピアノ教室

副科ピアノ

ピアノ専攻以外の方は、全員、副科ピアノが受験科目となります。

 受験寸前には、専攻の楽器の練習に専念したいものですから、副科ピアノの受験準備は、早めに開始し、寸前になって慌てることのないようにしましょう。

 

趣味の方向けのピアノレッスンコースとは違い、受験生の副科ピアノでは、楽典を意識して、楽曲分析、アナリーゼをしっかりやっていきます。

 例えば、ツェルニー30番などでは、ただ指が回って弾けるようになればいい、というわけではなく、調性、転調の仕方、和声、コードなどもしっかり勉強し、楽典を、鍵盤上でしっかり理解して、和声からうまれる、正しい音楽表現ができるように、指導致します。

音大受験 東京音大 東京音楽大学 ピアノ教室

ピアノ専攻実技+ソルフェージュを連続した時間帯で受講頂くことを、オススメします。

副科ピアノ+ソルフェージュもできます。

 

音大受験コースご検討の方は、1時間~2時間程度の時間枠が必要なため、まずは体験レッスンだけ受けて頂き、時間枠が確保できた時点でのご入会も可能ですので、お早目にご相談下さい。