· 

コンクールと並行してレパートリーを増やすことの大切さ

コンクールに出ると、どうしてもその曲ばかりに練習時間がとられ、普段のテキストの曲や、やるべき課題をおろそかにしてしまいがちです。

 

1曲を突き詰めて仕上げることも大切ですが、並行して、レパートリーを広げることも大切です。

 

小さいうちから、沢山の曲を同時進行で練習していくことに慣れておくと、譜読みも速くなり、曲をたくさんこなすことが苦ではなくなりますので、コンクール直前でも、コンクールの曲だけしかやらない、というレッスンは、当教室では行わないようにしています。

 

 

たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室

もちろん比重は、コンクール曲に重きをおきますが、ハノン、ツェルニーなどのエチュードはそんなに譜読みに時間のかかるものではないので、必ず持ってきてもらいます。

バッハも必須なので、少しずつでも休まないように、持ってきてもらいます。

 

音高、音大受験生レベルになると、1曲が長いので、レッスンが1曲で終わってしまうことも多々ありますが、常に数曲は並行して練習している状態で、自分では完成したと思えるレベルにまで弾けるようになってから、レッスンに持ってきてもらうようにしています。

 

ピアノは他の楽器に比べて、とにかく音数が多く、譜読み、練習に時間のかかる楽器ですから、譜読みが速いことは後々、大きな武器となります。

そして、レパートリーの多さ、こなしてきた曲数の多さは、確実に演奏に現れますから、たくさんの曲を並行して練習できるようにしましょう!

音大受験 東京音大 ピアノ教室
たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室
たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室
たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室

音大受験 東京音大 ピアノ教室

たまプラーザ教室MAP

武蔵小杉教室MAP