· 

ヤマハ指導グレード筆記試験には、聴音、楽典、和声、コード進行法、様々な項目があります

ヤマハ指導グレードを受験するあたって、新曲視唱、弾き歌い、伴奏付け、移調奏の実技試験の他に、筆記試験があります。

 

筆記試験は、音大出身でしたら、コード進行法と、3級の合唱編作だけ、特殊なので、やり方を学ぶ必要がありますが、グレード過去問の問題集を買って、一通りやれば、大体の方は、合格できると思います。

 

しかし、音大出身でない場合、楽典を基礎から一通り学ぶ必要があります。

 

そして4級には、和声法があり、これも勉強する必要があります。

 

3級の合唱編作は、この和声の応用といった内容になるため、4級の勉強時に和声がしっかり出来ていれば、問題ないでしょう。

 

ヤマハ指導グレード 楽典 レッスン 横浜 川崎

当教室のヤマハグレード取得レッスンでは、指導グレード筆記の方にも、しっかり対応致します!

 

楽典については、音高・音大受験生と同じ内容で、楽典の教科書といえばこれ!という、黄色の本を、一通りやります。

その後、過去問に取り組んでもらいます。

 

聴音は、ピアノの音になってしまいますが、こちらも対応できます。

 

和声は、解答が一つではないため、過去問と照らし合わせても、模範解答が載っているだけのため、自分の解答が合っているのか、判断が難しいものです。

こちらも、宿題として予めやってきたものを、レッスンで見せて頂ければ、添削致します。

 

詳しくはこちらへどうぞ!

 ⇩

ヤマハグレード取得レッスン

音大受験 東京音大 ピアノ教室
たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室

音大受験 東京音大 ピアノ教室

たまプラーザ教室MAP

武蔵小杉教室MAP