· 

東京音大ピアノ科 入試課題曲が変わっています

2019年度から、課題曲がA課題、B課題となり、A課題は、これまで通りの受験曲、バッハ平均律、ショパンなどのエチュード2曲(モシュコフスキー、クレメンティ、モシェレス、ツェルニー50番も含まれる、でもショパンエチュード以外を選ぶ人は聞いたことがありませんが…)と、自由曲という形なのですが、新たにB課題という、選曲自由のリサイタル形式のものが導入されました。

 

すでに、ピアノ演奏家コースの課題曲では数年前から、このB課題リサイタル形式が導入されており、今年の春の受験生からは、ピアノ科でもこの形がOKになったのです。

 

 

これにより、バッハ、ショパンエチュードが必須ではなくなったのですが、しかし入試には使わないとしても、勉強しておくべきレパートリーですから、必ず勉強しましょう。

音大受験 東京音大 東京音楽大学 横浜 川崎 たまプラーザ 武蔵小杉

特にショパンエチュードは、1曲はできても、2曲連続弾くことが難しかったりします。

手が疲れるからです(笑)

 

ショパンエチュード全曲演奏会をやるピアニストの方々は、ほんとにすごいと思います!

 

全曲演奏会はできないにしても、2曲連続演奏に耐えうるテクニックを身に着けることは、大事ですから、受験では1曲しか入れないことになるかもしれませんが、受験までに、2曲弾けるようになっておきましょう。

 

たとえ受験生でも、受験曲だけをひたすらやるのではなく、できるだけ並行してレパートリーも増やし続けられるよう、努力しましょう!


当教室からも、来年度東京音大受験を控えた高3の生徒がいまして、当初はピアノ科での受験をと思っていましたが、武田真理先生の方から声をかけて頂き、ピアノ演奏家コースでの受験をチャレンジすることとなりました。

     

 

受かるかどうかは分かりませんが?!、演奏家コースでの受験に声をかけて頂けたことで、本人はかなり喜んでいる様子でした。

 

受験曲もつい先日決定したので、あと数か月、まずは受験までしっかり頑張ってほしいです!

 

音高・音大受験コース

 

 

 

音大受験 東京音大 ピアノ教室
たまプラーザ 武蔵小杉 ピアノ教室

音大受験 東京音大 ピアノ教室

たまプラーザ教室MAP

武蔵小杉教室MAP